サッカー

そっかい?

ワールドカップ敗退で歓喜している国に、
ベスト4など永遠に無理な話だ ----上杉 隆氏(ジャーナリスト)

http://diamond.jp/articles/-/8609

・・・確かにそうとも言えるかもしれんけど。
ベスト4を達成できなくて一番悔しい想いをしている監督や
選手に向かって、終了直後に厳しい言葉を浴びせるというのは
どうなのかな?
少しの冷却期間を置いて、客観的に敗因を分析して
次に備えるのが筋だと思うけど?

一時的なファンより最も危険なのは、
フットボール(敢えてそう書かせてもらいます)の本質を
知りもしないで、自らの記事を売らんとするあまりに
挑発的な論調を展開して本筋から逸らせる
ジャーナリストの方が危険だと思う。

岡田ジャパンが今回ベスト16まで来れたのは、
技術うんぬんよりも、選手とスタッフ、監督が一丸となって
試合に望めたのが大きい。現に、技術の面から見れば、
日本より遥かに優れている筈のフランスは、一丸と
なれなかったが為に、決勝トーナメントに進む事が
できなかった。この事は、ドイツ大会の時の日本と
同じ事が言える。

人というのは「カッコイイ」ものを求めるものだけど、
その裏には「泥臭い」ものが求められるというのを
忘れてはならないのではないだろうか?

今大会のスターである本田のコメント、
「守備がしっかりしているから、安心して前にいれた。」
これこそが、フットボールの本質を現しているのでは
ないだろうか?後ろを気にする必要がないから、
安心して思い切ったプレイができる。
人とは間違いを起こすものであり、大事なのは
それが起こった時にいかにカバーできるか?
ではないだろうか?

「アイツががんばっているから
オレも。」

「アイツの為ならがんばれる。」

今の時代に不釣合いかもしれないが、
どこの世界でも共通する重要な事だ。
ドイツ大会の時はそれすらできていなかったように
思う。(情報がほとんど無いからわからない)

それでは、今大会の成績より上を目指すのに
必要な事はなんだろうかというと、今回の戦い方を
ベースとした上で、功4~5、守6~5の割合で選手が
90分間連動して「効果的に動ける」チームを作る
事ではないだろうか?
セットプレーも武器としつつ、一連の流れの中で、
「あ~、これならゴールするわな(--;」
というシナリオを、ピッチで再現できれば良い。
そのためのサイドチェンジや個人のしかけは
良しとする。
それを前提とした選手選考を行い、
モウリーニョ監督のように、ターンオーバー制(だったっけ?)
を導入し、疲れた選手は休ませ、選手が代わっても同じ
戦い方ができるようにすれば、いつもフレッシュな選手で
試合に望めるようになり、もう少し効果的に攻撃できる
チームが作れるのではないだろうか?

フットボールは体を使った走る、ポジショニングのスポーツ。
テクニックは抜群に優れているけど、走れないのであれば、
そこが相手の起点となってしまう可能性が高い。
(俺の場合は両方ともダメだったけど --;)
「スター前提のシステム」ではなく、「スターも他の選手も
生きるシステム」を確立できれば、自ずと日本にも
勝機が出てくるだろう。

「次の」日本代表が、今の日本代表を超える事を
信じて、筆をおこうと思います。

長文失礼しました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひさしぶり

ひさしぶり
サッカーです(^-^)/約2ヶ月ぶり。
体、動くかな?
昨日ガンバ大阪戦見たから、きっと大丈夫だ(?)

↓(追加)

しばらくぶりなワリには、意外と動けて驚きました。
コートが狭かったというのもありますが。
仕事で走り回ったり、足腰に力をいれている
せいでしょうかね(^^;

しかし、パスのスピードと角度のコントロールが
うまくできなくて、それで攻撃の流れを切って
しまうことがあったのが残念でした(;;)

次ぎにやる時にはその辺を気をつけてやりたいですな(^^)

ところで。

来月。

久しぶりに外サッカーをやるかもしれません。

予定が混んでいるし、ウチのチームの方も
どうなるかわからんので、今の段階では
「?」ですが。

久しぶりに外でやりたいという気持ちは
あったので、できれば実現したら良いなと思っています。

ただ。足の状態が良くはないので、
足にかかる荷重を考えて動かなければなりませんが。

使い物にならんだろな。これじゃ(++)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お前はいったい、どっちの味方だーっ(ガンダム0083より)

ガンダムネタと見せかけて・・・

サッカーネタです(^^;

今日ガンバVSコンサだったんですね。

地元なんでコンサ応援したいところ
なんだけど、ヤットは好きな選手なんで
気分は複雑(--;

いっその事コンサに来てくれんか。

ヤット?

と思ったんだが・・・

来ないだろうな。

試合は4-2でガンバの勝ち。

ガンバは本調子でなかったみたいだけど、
コンサのちょっと前の状況を考えると、
ガンバ相手に2点取れたということは
復調の兆しが見えてきたなと
個人的には感じております(^^)

コンサでは柴田(だったけ?)に
注目しております。
っていうかフットサル仲間に似た人が・・・。

アレだな。この先、コンサにヤットや矢野ばりの
名選手が現れることを期待してます。

・・・っていうかイイ選手をコンサから
持っていかないでくれ~(TT)

PS・俊輔、絵がうまいのね(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おさがわせしました

兄とも相談して1日かけていろいろ考えた結果、

今回は見送ることにしました。

サッカーに対する価値観が低かった10年前だったら、
間違いなく飛び込んでいた話だったんですが、
今は(社会人サッカーとは違って遊びの要素が強いとは言え)
でき得る限り続けたいというのが本音なので。

新たな目標の為に学校に通う事になるので、札幌でないと
厳しいというのも、もう1つの理由です。

おさがわせして、申し訳ないです。

さて。

シリアスな話はここまで。

時間があったので、ウィイレ(TVゲーム)やってたのですが。

フリーキックの場面になったので、
ベッカム・・・は調子悪くてベンチ外(++)

ロナウジーニョ・・・は代表召集中でおらず(TT)

ヤット・・・は今回バックアップに廻ってもらったので
ベンチに(--;
(ターンオーバー制なんで)

「影の立役者」スコールズに蹴らせてみたところ・・・

敵のGKがゴールのサイドネット

突き破ってセービング
してました。

↓↓↓こんなカンジ。

ーーーー|
    |  ○←ボール
    |○//
     /
    /\
   /|/
ーーーーーーーーーーー

実際だったら大けがですな(--;

まあ、堀○真希が

「さあこい、リスク! (・0・)」

っCMしているくらいだから、
GKというものはリスクがつきものな
職業で・・・

え?そういう問題じゃないだろって??
(--;

さすが、ゲームだ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

室内だと「跳ぶ」んだけどな・・・(--;

今月2度目のフットサルデーです(^^)

・・・でも人数が集まんなくてかなり小規模なヤツ
しかできませんでした・・・(;;)

まあ、病み上がりな俺にとっては丁度良かったかもだけど。
初回の試合は死ぬと思ったからね(--lll

息上がる、上がる。

2~3分経ったらシャコタン状態になってました(++)

「酸素~、酸素~!!(><)」

って感じです。

もう歳なんぢゃね?ww

という意見は黙殺させていただきますw

風邪良くなったら走りこまねばな・・・(--;

3対4

の「3」側だからボールいっぱい触れて楽しかったな~(^^)
まともにやると全く触れない時もあるんで(←)

人数少ないからインターバルも長めだったんですが。

その時にフリーキックの練習みたいな事やりまして。

割と飛ぶようになったんで「フフン♪(^へ^)」
みたいな自己満足感全開でしたw

半年位前まではイチかバチか感が強かったんですが
(^^;

これが外で蹴るとなると話が変わってきて。
(スパイクの高さがあるから、感覚を
掴むのが難しい)

じぇんじぇん飛ばなくなってしまうのですがネ(TT)

今度外で蹴ってみよっと♪

・・・え?

外でプレイしてない今はそんなことやっても意味ないだろ?
(^皿^)

って?

・・・まったくもってその通りです(--;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヒデにはいっぱい食わされた(><)

もちろん、良い意味でね♪

さて、ヒデの事に触れる前に今日の日本代表。

あの内容を通すことができればオッケーだと思います。
自分的には文句をつけるところはありません(-へー)

中沢の気合の入ったヘッドに闘莉王、大久保、松井、そして俊輔。
お見事でした☆

この試合、ヤットがキーを握ってましたね♪

久々に安心して試合を見ることができました。
ただ世界の強豪国と戦う時。
つまり、実際のワールドカップ本戦とかになると、
どうなるかはわからないけど・・・。

で、ここからはヒデのことについて。

この試合の後に放送されていたヒデの特集番組を
観ていました。

ワールドカップで現役引退後、世界各国を
旅して廻ったヒデ。

貧困、環境破壊、そして戦争や民族紛争。

それらの問題が起こっている場所や、
歴史的遺産の残っている場所に訪れ、
そこに住んでいる人々と出会い、
コミュニケーションをとるヒデ。

現役時代には見ることができなかった
ヒデの一面を見ることができたのは
うれしかった事はもちろんですが。

その画面から通して現される様々な
光景には気づかされる事がたくさん
ありました。

「ヒデ自身がどう感じているか?」

等は自身がnakata.netで語っていると思うので、
ここで俺が推測することはしません。

この光景を見て俺が思ったことを
誤解を恐れずに言えば、

「あ、俺って幸せな環境にいるんだな。」

って事でした。

この日本は蚊に刺されたから生命を失いましたとか、
隣人に光の届かない永遠の闇の淵に放り込まれる確立が
少ない。(近年どんどん犯罪の異常化は進んでいってるけど)

「贅沢さえしなければ」最低限の収入で生きようと思えば
生きていける。(ホント生きていくだけになっちゃうけど)

明日があるのかさえわからない、そんな環境の中で
生きている人と比べたら幸せな方だと思いました。

それと同時に。

貧困=不幸せ

というわけでもないことも知りました。

近代的な文明とは程遠い生活をしている部族の人達。
難民キャンプの子供たち。

「物質的」には裕福な訳じゃないし苦労も多いけど、
「笑顔」に溢れていて。

「学校で学ぶ」ということが素直に楽しくて。

「真の幸せってこういうことなんかなあ・・・(^^)」

と思いました。

よし、できることから何かを始めよう!
まずは・・・地球環境を守る為にレース辞めて、車を売って、
なるべく公共交通機関を・・・\(-へー)

・・・・・ちとそれはムリだな(←)

「募金」と「節電」と「なるべく車を使わない」

事かな。無理なくできそうなことは(^^;ヾ

そんなメッセージをメディアを通して。
間接的に伝えたヒデが、今週末
「TAKE ACTION ! 2008 フットボールマッチ」
と題して世界選抜と歴代日本選抜の試合を
、横浜日産スタジアムで開催するそうです。

・・・でも、このフットボールマッチでさえ、

「今日のヒデの特集番組に目を向けさせる為の
キッカケにさせるつもりだったのではないかな?」

なんて、思ったのですが(^^;ヾ

日本サッカー界を率いたヒデ。

今度は俺達「日本人」を良い方向に率いて
いってくれるみたいですね。

おそらく「直接的」にはないでしょうけどね・・・。
ヒデらしいやり方で。間接的に・・・。

俺達が「考えて行動する方向」に仕向けるように・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

憂鬱のブルー

昨日のパラグアイ戦は0-0の引き分けに終わった
「青き戦士」たち。

序盤は良いところをたくさん見せたものの、
何だか手詰まりの印象がのこりましたねー(^^;

その中でも、俊輔の存在はやはり重要だなということ。
2試合通してみると、長谷部、松井、大久保、香川と
新たな力の台頭を見ることができたなというところが
印象に残りました。

守備の面では楢崎の安定感、闘莉王がキーポイントである
ということと、遅咲きデビューを果たした(俺と同い年で代表デビュー)寺田が良いプレーをみせていたな、といった感じでした。

自陣ではパスを相手に捕られないようにする。

ほんの少しで良いから「リスクを恐れず前へ行く、シュートを打つ」

ということができれば、良いのになと思うんですが・・・如何に?

今日の新聞に載っていたパラグアイの監督の

「日本は序盤は良い展開をしていて、手も足もでなかったが、
それ以降は自分から崩れて言った。」
(若干要約)

というコメントがちょっと気になります。

オマーン戦まで長くも、しかしながら決して短くもない
時間がある日本代表。

この間に選手間が「同じビジョン」をもてるか?

これに予選突破がかかっていると思います。

がんばれ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボランチ

もひとつ、サッカーネタを\(▽ )

WEで☆プロフェッショナルレベルでとうとう
マスターリーグ制覇を達成・・・。

イヤイヤ、そういうハナシじゃなくて(--;

DFの闘莉王が守備的MFとして出場していました。
やべっちFCで見たとき、試合会場のオーロラビジョンに
「MF・田中 マルクス 闘莉王」
って表示されたからナニゴト?と思ったのですがね。
一瞬。

結果は・・・。
実に見事な得点シーンで・・・(--;
守備の面でも積極的なプレスも効いてか、
見事に浦和は勝利を納めてました。

以前からDFにしとくにはもったいない攻撃力だな~
と思ってはいたのですが・・・。すばらしかったです。

いっそのこと代表の方でもボランチで・・・
とか思っちゃたりして(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オシムサッカーを思い出せ!

今日のU-23の試合は

観てて面白かったですね(^^)

連動性が見事で、

オシムサッカーの良いところ

がそのまま体現されている

印象でした。

「勝てる」雰囲気がプンプン。

選手に目を向けると、

特に印象に残ったのが

香川。

将来性を感じましたね。

このまま良い選手に

育っていって欲しいと思います。

U-23が調子良かっただけに、

フル代表のバーレーン戦には

失望を覚えてしまいました。

(正確にはU-23に救われた)

何なんですか?

あの精度の無いロングボールポンポン

蹴りこむアマチュアの草リーグ

でもそうは見られない

レベルの低い試合は。

ボールの収まり所が無く、

ボールを奪われてカウンターを喰らう

展開が散々繰り返されていました。

そして失点シーンが・・・(泣)

あっさりクロス上げられすぎだし、

弾く方向違うし、

相手FW(フバイル)に簡単にやらせすぎ

です。

遠藤が入って、ボールが落ち着きだし。

ようやく攻撃が形になるかなと思った

矢先だっただけに残念です。

何よりもボールとゴールへの

執着心が全くと言ってもいいほど

感じられない。

(中沢と遠藤くらいなもんでしょうか?)

相手に強く当たっていかないと、

ボールなんて捕れません。

極端な事を言えば、相手は自国の威信を

かけて、「戦争」しにきてるんですが?

その事を自覚している選手がいたでしょうか?

そして、オシムサッカーの特徴というか・・・

「勝つ」サッカーには必要不可欠な

味方を追い越して動く選手が

ほとんどいない。

そりゃパスコースもできんし、

相手も崩せんわ。

シュートも打てないわ。(++)

誰が悪いとは言いません。

監督、コーチも含めた全員の責任。

「1点とられたくらいで撃沈される」

事が一番の問題です。

得点できる「流れにもっていけない」

事自体が。

90分もやればミスをやってしまうのは

当たり前です。

ならば、そのミスをカバーできるか?

「如何に致命的なミスが発生しにくい状況に

もっていくか?」

また

「事態を打開する為に如何に早くアクションを

起こすか?(監督だけではなく選手も)」

が大事だと思います。

今回の結果の敗因が

選手個人の問題なのか?

システムの問題なのか?

フィジカルのセッティングを

間違ってしまったのが

問題なのか?(監督、コーチ陣の連帯責任)

(試合前日にケガって・・・

負荷かけ過ぎです。)

疲れてたら選手も実力を

発揮できないですよね?

今回の結果を重く受け止めて、

日本代表関係者には

今後の予選を闘っていって

いただきたい。俊輔が、闘莉王が

合流すれば問題が解決する

なんて思わないでほしい。

オシム監督が指揮をとっていた時代は、

得点されても打開してくれそうな

雰囲気がありました。

人もボールも動いていた。

相手を崩すこともできていた。

(うまくいかない時もありましたが)

日本(フル)代表よ!

オシムサッカーを思い出せ!

と声を大にして言いたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エリクソン

今日も仕事が中止に。

・・・まあ~猛吹雪の中、道路工事なんて

やりたくはないので良いのですが(^^;

今日はプレミアリーグ・

マンチェスターU対マンチェスターC

の試合をテレビ観戦する事ができました☆

結果自体は昨日の新聞で知っていたんですがね。

ハイ、マンU負けてしまいました(++)

マンUはエース、ルーニーを欠いていた

影響が強かったのか?

決定機まで行く時間が少なかった

ような印象を受けました。

パスカットされるシーンがけっこうあって、

そこからのカウンターでマンCが先制。

マンCのカウンターから

コーナーキックとなり、新加入のベンジャミの

ヘッドで2点目。

マンUは後半ロス・タイム付近でスコールズの

スルーパスからキャリックが決めて

1点を返すのがやっとといった

感じでした。

「あれ~?マンCってこんなに強かったっけ?

(--;」

(ファンの方ゴメンなさい)

と思っていたんですが。

マンCの監督が誰かを知った時、

納得がいきました。

スヴェン・ゴラン・エリクソン。

元イングランド代表監督のこの人が

指揮を採っていたのでした。

エリクソン監督は好きな監督の

1人で。

選手に自信を与える事のできる

優れた監督だと俺は思っています。

(とある本を読んでその印象を

もっているから、ホントのところは

わからんけど)

若手とベテランの融合と、

マンUのキープレイヤーの1人、

スコールズをしっかり抑えさせている

点を見ても、さすがわかっている人だな~

と1人TV前で唸ってました(-~-)

なんかね。

マンUと違って、タレントがいる訳じゃないけど。

バランスが取れていて、良いチームなんですよ。

要所要所キチンと抑えてるし。

もちろん、マンUがバランス悪い訳ではないし、

マンCより頭ひとつ抜けているのは

間違いないとは思うのですが。

マンUの監督、ファーガソンも

優秀な監督ですしね。

ただ、今回の試合を見て。

タレントを揃えるチームが

必ず勝つというワケではない

という事を改めて知ることが

できました。

だからサッカーはおもしろいw

| | コメント (0) | トラックバック (0)