« 北の車窓から | トップページ | 師走 »

NHKラジオを聞いて

最近の就職氷河期について特集していた番組なのですが。

番組を聞いていて気になったのは、
「就職」することが目的になっていて、「その世界で生きる」事が2の次に
なっているのではないかと思いました。

「選り好みをしないで視野を拡げて仕事を探せ!」

という意見もありましたが、

「イヤイヤ、それで一生食べて行く可能性が高い訳だから、
選り好みしないとダメだろ(--;」

というのが俺の意見で。

「とりあえず・・・」感覚で無理をしている会社に入ってしまったら、
ヘタをするとその人の経歴にキズがつきかねない。

ブランドとか安易な選択で仕事を決めるのでは無く、

自分は何が得意(トップでは無くて良い)か?
自分は何に挑戦したいのか?
それで社会からたくさんの「ありがとう」を集める事ができるか?

を念頭に置いて活動をしていった方が良いと個人的には思っています。

結局、人間というのは自分が好きだと思った分野で生きた方が
幸せである。

・・・というのがここ10年で得た結論である訳ですが。

今日の朝日新聞の朝刊で、ワタミ株式会社CEO渡邉美樹さんの
記事が載っていました。「夢を仕事に、そして仕事に夢を!」

いろいろあるとは思いますが、俺はこの人の考え方は好きです。

働くということは、ありがとうを集める事なのだなと考える今日この頃です。
楽なことばかりではないですがね。

|

« 北の車窓から | トップページ | 師走 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/210428/38019018

この記事へのトラックバック一覧です: NHKラジオを聞いて:

« 北の車窓から | トップページ | 師走 »