« 壁 | トップページ | Night shift »

winner

無事、札幌に戻ってきました(^^)

十勝24時間の方は、応援している

平中克幸選手、飯田章選手の操る

DENSO SARD SUPRA(ハイブリッド仕様)

が総合優勝を決めました!

Denso_sard  Winner

写真ではなんともないけど、表彰式の前に、

1~3位の選手達が

「シャンパンファイトの

フライング・スタート」

をやった為に、表彰台は大混乱になってましたw

24時間走りきった開放感かな?

My_dream_car

本山哲選手の乗る

74号車のアラビアンオアシスZ、

604号車の享成自校・鳥居歯科・

BRIDE・明京・EVO、

75号車のJPAX北斗病院SAT

シビックも無事に完走を果たして、

なんだかうれしい気分でした(^^) 

応援している選手やチームは他にもたくさん

いるんだけど、全部書いたら

エッフェル塔もびっくりの長さになるんで

割愛します(笑)

スミマセン、根がミーハ-な物で・・・

で、昨日の日記で半分寝ながら

書いてたもんで(オィ)、

書き忘れた分の追記を。

なんで、レース中に水温が上がって

しまったのかというと、

その日は悪天候の為にコースアウト

してを刈ってしまう車が続発し、

(俺もね--;)

コース上に刈り取られた芝が

ばら撒かれていまして。

それがラジエータの前に付着したのが

まず1つ。

2つ目は、レース時に接近戦

が繰り広げられていた為、

ラジエーターに空気が当たらなくなり

(ザウルスのラジエーターには

”ファン”という扇風機みたいな

便利なモンはありません)

冷却ができなくなり、

水温が下がりづらくなってしまった

という2つの原因で水温が上がり、

前の車との間隔を空けーの、

エンジンの回転数抑えーの

して走ることとなってしまったのでした(;;)

うーん、まるでプチ耐久レースなのだ(--;

レース後半は前よりも水温計ばっかり

みてたくらいにして(笑)

でも、ああいった難しいコンディションで

暴れる車を抑えながら(1回スピンしたけどね)

トラブルをなんとか誤魔化しつつゴールまで

運べたので、その点では良かったかなと

自分では思っています。

これで「速さと勝負強さ」があったら

言う事ナシなんだけど(--;

今後の課題としては、

タイヤの空気圧の変化で

車がどう動くかを知る事と、

早い段階でタイヤを温める事ができるように

する。それに、走り出しの時からある程度の

タイムが出せるようにする(ラインを大きく

外さないようにする)というところかなと

思います。

まあ、全部一気に解決する事は

難しいだろうけどね(^^;

そんなわけで、今後もがんばります!

・・・って、その前に今の状況を

打破せんと。(++)

警備員では続けるのはチト厳しい・・・。

P・S

今年もメカ音痴な俺のメンテを

担当していただいた、

平中自動車のみなさん、ヘルプにきてくださった

方々。皆さんのおかげで

今年も楽しいレースをすることが できました。

ありがとうございました!

RETURNER~闇の終焉~(初回盤)(DVD付) RETURNER~闇の終焉~(初回盤)(DVD付)

アーティスト:Gackt
販売元:NIPPON CROWN CO,.LTD.(CR)(M)
発売日:2007/06/20
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 壁 | トップページ | Night shift »

「モータースポーツ、レース、車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/210428/7173412

この記事へのトラックバック一覧です: winner:

« 壁 | トップページ | Night shift »