« 世代交代か・・・ | トップページ | ○が大事なのです○が・・・ »

What is your purpose・・・?

「俺は君のためにこそ死にいく」という映画。

石原都知事製作総指揮・脚本で製作され、

5月から公開されるとか。

太平洋戦争時に存在した「特攻隊」の姿を描いた

作品のようです。

(新聞で広告読んだだけだから内容は不明)

石原都知事のコメントに、

「~過酷な時代を生きた美しい日本人の姿を

残しておきたい。」

と書いてあったのが気になりました。

この映画が、昔に実際にあった「特攻隊」

の悲劇と戦争の悲惨さ、人との絆の大切さを

描く事が目的で製作されたのなら良いのですが。

でも待ってください。

そもそも特攻隊という悲劇を生み出す

までに至ってしまった経緯は?

「過酷な時代」はどこの誰が作り出したのですか?

知っていますか?

映画の中の悲劇というものが「死」というのを

美しく見せてしまう恐ろしさを。

今の時代はそんなに「美しくない」のですか?

確かに「普通じゃない事件」が多発してますが、

「自分の意見を主張でき、自分の進むべき道を

自ら選べる(社会的福祉の範囲で)」

今の時代を俺はすばらしいと思うのですが。

そもそも、そういう背景を作ったのは

どこの誰なのですか?

昔から「数字を追う教育」ではなくて、

「人を大切にした教育」を重視していれば

こうはならなかったのではないですか?

(完璧には無理だろうけど)

という疑問が湧いてくるのですが・・・?

「戦争(死)=勇ましい&かっこいい」

という心理を植えつけようという意図が

もしあるとしたら・・・

「頼むからそういうのはやめてくれ」

と俺は願うのです・・・

考えすぎかな?

そうである事を祈るけど・・・

|

« 世代交代か・・・ | トップページ | ○が大事なのです○が・・・ »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/210428/5557556

この記事へのトラックバック一覧です: What is your purpose・・・?:

« 世代交代か・・・ | トップページ | ○が大事なのです○が・・・ »